体重だけでなく健康を考えながらダイエットをすること

食べる量を減らすダイエットのデメリットは、健康によくないことであり、筋肉が少なくなってしまうためだといいます。人体は、食べることで生命の維持や日々の活動に必要なエネルギーを確保しており、と食べないとエネルギーが足りなくなります。

使えるカロリーがなくなると、筋肉や脂肪を分解して糖に変え、そこからエネルギーがつくられます。このことによって脂肪が少なくなり、一時的に体重は減りますが、問題になるのは筋肉が減ることです。ダイエットのためにカロリー制限を行ったとして、脂肪を分解するのはともかく、筋肉は分解したくないと思うでしょう。

体についている筋肉の量が多いほうが基礎代謝が高くなりますので、ダイエットのためにも筋肉は必要な存在です。筋肉量が落ちれば基礎代謝が落ち、基礎代謝が落ちればダイエットの効率が下がりますので、好ましいことではありません。

食事を減らし過ぎると、健康を損ねるだけでなく、ダイエットの効率も低下しますので、さじ加減が大事になります。健康にいいダイエットをしたいなら、いくら食べ過ぎが太るもとだからといって、無闇に食べない生活にシフトすべきではありません。

基礎代謝が落ちると健康維持にも影響しますし、ダイエット後にリバウンドをする要因の一つとなります。体にいいたんぱく質をきちんと食べて、カロリーが高くなりすぎないようにすることが、ダイエットでは重要になります。健康面に配慮したダイエットをしたいと思うなら、カロリー量が多くなりすぎないようにしつつ、栄養をしっかり摂ることです。